風俗嬢としてのプロ意識

いやらしい体験はできなかった

どうやっても自分の絶望感がなくならないような最悪な展開に今回のデリヘルではなってしまいました。風俗嬢はよく写真と実物が違うなんてことがあるのですが、今回の女の子はこれまでの自分の経験の中では一番のギャップがありました。まず体型がほっそり系ではなく結構むっちりしていました。これに関しては自分はわりとキャパシティがあるので平気だったんですが、ぱっちり二重ではなく、完全に一重でしたのでびっくりです。人間ここまで印象が変わるんだということが今回よく分かりましたね。どんどん性格が良いのでれば接客を行なってくれるはずなのですが、彼女はだるそうにしているだけです。そんな感じでこちらに来られると自然と楽しみにしていた風俗も楽しくなくなるんですよね。テンションが一度下がるとそこからは何もすることが出来なくなります。デリヘルで確実に良い経験が出来れば良いのですが、本当にテンジャンが下がるんですよね。いやらしい体験をするためにはまったくダメな感じでした。